茨城県認定第1号
大型観光お魚食市場
大洗イエローポート
 

 



"Flash Player"が必要です。 こちらからダウンロードできます。

TOP トピックス お買い物 観光スポット ご予約・お問い合わせ 携帯サイト
会社概要 お店紹介 案内図 リンク集 特定商取引法に基づく表示 団体のお客様へ

  お家で料理 簡単おレシピ
<<< 戻る
 
     
 
どぶ汁の美味しい作り方
 
     
 
  材料(4人前程度)
  あんこう   市販2パック(900g 〜 1.2kg)
白菜    1/4 〜 1/2
生わかめ  100g 〜 200g
酒      1/3カップ
味噌    適量

基本的に鍋ですから、他の具材は、お好みで入れても大丈夫。
     
  作り方
1.

2.




3.
土鍋を熱し、キモを入れ、じっくり溶けるまで炒めます。火が強すぎると焦げてしまいますよ。
キモが溶けてきたら、味噌と酒を入れてのばし、あんこうの身、白菜、わかめを入れて煮込む。このとき水は入れない。あんこう・白菜から出る水分で煮込むようにする。
この時、キモが少ないと、ダシがよくでないのと、焦げ付きやすくなるので、ダシ汁を入れる。(入れてもカップ1杯を目安に)
煮立ってきたら、味噌の味を調え、具に火が通ったら、出来上がり。

お好みの具材を足すときは、水分量を加減して
ください。
 
     
 

料理長からワンポイント
「キモは、事前にお酒と水同量に、塩少々入れたものに1時間程つけて、ざるにあげ、水気を軽く切ってね。生臭さが抜けるよ。」

 どぶ汁は、もともと漁師さんが船の上で、体を温めるための鍋だから、あんこうから出る水分だけで汁を作るんだ。だから、基本は豪快だし、味も濃厚。上品な味が好みの方は、あんこう鍋か、下のどぶ汁風アレンジの方が合うかな。野菜は、今回紹介した白菜とわかめ以外にも、あんこうだけで何も入れないとか、水気の多い大根などの根菜類を入れるバージョンもあるんだ。
 あんこうの肝の濃厚な味とこくが、冬の寒さをいやしてくれる一品。

どぶ汁風アレンジ:
 上のレシピから、あんこうと生わかめの量を半分に減らし、ダシ汁(カップ1〜2杯位)を足して、椎茸・春菊・ネギ・しらたき・豆腐といった他の具材をお好みで、3.のタイミングで入れれば、どぶ汁風あんこう鍋の出来上がり。
 
     

Yahoo! JAPAN