茨城県認定第1号
大型観光お魚食市場
大洗イエローポート
 




"Flash Player"が必要です。 こちらからダウンロードできます。

TOP トピックス お買い物 観光スポット ご予約・お問い合わせ 携帯サイト
会社概要 お店紹介 案内図 リンク集 特定商取引法に基づく表示 団体のお客様へ

  意外と知らない お豆知識
<<< 戻る
 
     
 
水銀を含む魚介類等のQ&A
 
     
 
水銀を含む魚介類等のQ&A
 
 平成15年6月3日及び5日に、厚生労働省は、魚介類中の水銀が人の健康に危害を及ぼすレベルではないが、一部の魚介類等では胎児に影響する恐れがあるとして、妊娠している方又は現時点でその可能性のある方は、食べる量について注意することが望ましいとの「注意事項」を公表しました。
 魚介類等は、一般に人の健康に有益なもので、バランスの良い食事の重要な要素となっています。
   
 このQ&Aは、「注意事項」について、魚介類等を食べる量が減り、偏った食事にならないよう、正しく理解をしていただくためのものです。
   
 なお、厚生労働省は、6月16日に関係者が正確に理解するようQ&Aを作成し、ホームページに掲載しています。
   
問1  水銀を含む魚介類等を食べる場合の注意事項が公表されました。普段の食事のなかで魚介類等を食べて大丈夫ですか。
   
   厚生労働省の公表のとおり、多くの魚介類等は自然界からのわずかな量の水銀を含んでいますが、一般に低いレベルで人の健康に危害を及ぼすレベルではありません。
 魚介類等は、良質なたんぱく質を多く含み、不飽和脂肪酸が多く、微量栄養素が含まれているなど重要な食材で、一般に人の健康に有益であるので、バランスの良い食事を心がけてください。
   
問2  現在妊娠していますが(現在妊娠している可能性がありますが)、普段の食事のなかで魚介類等を食べても大丈夫ですか。
   
   多くの魚介類等は微量の水銀を含んでいますが、一般に低いレベルで人の健康に害を及ぼすレベルではありません。しかし、一部の魚介類等では、自然界の水銀が食物連鎖により蓄積されることによって、一定の頻度と量を超えた摂食をした場合には、胎児の健康に影響を及ぼす恐れがあるレベルの水銀を含有しています。
 このため、妊娠している方や現時点でその可能性のある方は、次のような注意をすることが望ましいとされています。

 対象者:妊娠されている方又は現時点でその可能性のある方
  バンドウイルカ:2か月に1回以下(1回60〜80gとして)
  ツチクジラ、コビレゴンドウ、マッコウクジラ、サメ(筋肉)
           :1週間に1回以下(1回60〜80gとして)
  メカジキ、キンメダイ
           :1週間に2回以下(1回60〜80gとして)
   
問3  育ち盛りの子供たちに、魚介類等を食べさせて大丈夫でしょうか。
   
   今回の「注意事項」は、「妊娠している方又は現時点でその可能性のある方のみ」を対象に作成されたもので、これに該当しない成人の方や子供の方に対しては、「すべての魚種等について、現段階では水銀による悪影響が一般に懸念されるようなデータはない。」としています。
 子供の方も、安心して「一般に人の健康に有益である」魚介類等を、バランスの良い食事の重要な要素として摂ることができるとされています。
   
問4  どうして魚介類等に水銀がたまってしまうのですか。
   
  水銀は海水中などの自然界に、極く低濃度ですが存在しています。これを取り入れた微生物をプランクトンが食べ、このプランクトンを小魚が食べ、また、その小魚を大きな魚が食べるといった食物連鎖の中で濃縮され、水銀が魚体等の体内にたまることになります。
   
問5  人の体の中に入った水銀はどうなるのですか。
   
   国の研究機関の調査によると、人の体の中に入った水銀は、一定期間後には、そのほとんどが代謝・排泄されるものとされています。
(一般に体内に入ったメチル水銀は、70日ごとに半分に減るとされ、1年後にはほとんど排泄されます。)
   
厚生労働省平成15年6月3日『注意事項』
厚生労働省平成15年6月5日『注意事項』(正しい理解のために)
厚生労働省平成15年6月16日『注意事項』(Q&A)
  問合せ先
 農林水産部水産局水産課
 043-223-3045
 
    top
     

Yahoo! JAPAN