地元の漁業協同組合では、資源の管理を行っています。一般の方が潮干狩りを行う場合は、次のルールを守ってください。
1.採ることができる貝の量は、1人当たり1日1キログラムまでとなっています。
2.「くまで」や「じょれん」といった道具を使う場合、道具のサイズは、爪の並んだ部分の幅が20センチメートル未満、爪の長さが5センチメートル未満、柄(取っ手)の長さが50センチメートル未満に制限されています。また、これらの道具に網を取付けることは禁止されています。
くまで
3.大きさが3センチメートル以下の鹿島灘はまぐりやこたまがいは採ってはいけません。
4.鹿島灘には3箇所に貝類の保護水面が設定されています。保護水面は、法律に基づき貝類の資源を守るために設定されているもので、誰も貝類を採ることができません。
5.漁業権漁場内でウエットスーツを着用し、同時に水中メガネまたはシュノーケルを使って鹿島灘はまぐりを採ってはいけません。
お問い合わせ
*
茨城県農林水産部 漁政課 TEL(029)301-4080
茨城海区漁業調整委員会事務局 TEL(029)301-4083
鹿島灘漁業権共有組合連合会 TEL(0299)82-2089
Yahoo! JAPAN